仙台東照宮
HOMEへ

新着情報

東照宮例祭・春祭ご案内



子供みこし参加者募集


こども神輿渡御境内行進路略図
こども神輿渡御参加申込書
東照宮 春まつりポスター

※クリックするとPDFがダウンロードされます。

◆問合せ・申し込み
東照宮社務所・東照宮祭典委員会
〒981-0908 仙台市青葉区東照宮一-六-一
【電話】022-234-3247・【FAX】022-272-9852

<お伊勢さま・伊勢の神宮と神宮大麻>
  伊勢の神宮は日本の国をお守りくださる日本人の総氏神さまです。
  神宮大麻は、日本人の総氏神様として崇められ慕われている最も尊いお宮
 である神宮のお札です。
  神宮大麻は神様を仰ぐ「みしるし」として、各家庭の神棚の中心におまつりし
 ましょう。

<お正月を迎えるために>
  新年を迎えるにあたり神棚に新しいお札をおまつりしましょう。
  私たち日本人は古来より神々と共に暮らし、神を敬い祖先を尊ぶすばらしい
 伝統を守り続けてまいりました。
  日本人の清くあまるいつも大変お世話になります。心は毎年あらたまる神宮
 大麻と氏神さまのお札によって育てられます。

  お正月を迎えるにあたり、神棚を丁寧に掃除して、清らかな気持ちで、新しく
 《おふだ》=神宮大麻とともに氏神さまのお札・「お正月様」と呼ばれる御神像
 をおまつりし、新しい年にさらなる神様のご加護をいただき、健康で心豊かな
 生活を祈りましょう。


※宮城県では、お札と合わせて「お正月様」と呼ばれる御神像をおまつりしその
 年一年お守りいただく独特な風習があります
※正月用品を扱うお店にあるお札や御神像のようなものはお札ではありませ
 ん。
お正月様(お札・御神像)は神社を通してお受けください。
※家庭や親戚でご不幸があった時は、一時的に紙まつりを停止します。
 その期間は最長でも50日で、この期間を過ぎると忌明けとなり、神まつりを再
 開します。
 新しい年のお札は忌明け後、もしくは小正月、立春、旧正月など、各ご家庭で
 節目を設けてお受けしておまつりください。


平成28年 厄年・年男・年女 年令早見表
数え年
前厄
本厄
後厄
年男・年女
男女13歳
  平成16年

数え13歳
  平成16年

数え13歳
女性19歳
平成11年

数え18歳
平成10年

数え19歳
平成9年

数え20歳
 
男性25歳
平成5年

数え24歳
平成4年

数え25歳
平成3年

数え26歳
平成4年

数え25歳
女性33歳
昭和60年

数え32歳
昭和59年

数え33歳
昭和58年

数え34歳
 
女性37歳
  昭和55年

数え37歳
  昭和55年

数え37歳
男性42歳
昭和51年

数え41歳
昭和50年

数え42歳
昭和49年

数え43歳
 
男女49歳
  昭和43年

数え49歳
  昭和43年

数え49歳
男女61歳
昭和32年

数え60歳
昭和31年

数え61歳
昭和30年

数え62歳
昭和31年

数え61歳
男女73歳
      昭和19年

数え73歳
男女85歳
      昭和7年

数え85歳
男女97歳
      大正9年

数え97歳
厄祓祈願・諸祈願の御祈祷の受付は午前9時より午後4時半まで行っています。
2月3日節分祭・撒豆式奉仕(年男・年女・厄祓祈願)申込の方は、先着順で受付を致しますので早めにお申込下さい。

問合せ先:東照宮社務所 電話022-234-3247
http://www.sendai-toshogu.or.jp

このページのTOPへ戻る↑