仙台東照宮
HOMEへ

豆知識のコーナー
「豆知識コーナー」トップページへ戻る↑
人生儀礼と祭りについて

古くから私たちは、物事の節目ごとに神社にお参りしたり神様をお迎えして来ました。
しかしながら、近年はこの古き良き習慣を知る人も減少している様に感じます。古くから引き継がれているものには何らかの根拠があり、厄年に体調を崩したりする事が多いのもうなずけます。ここでは、古き良き習慣をもう一度、見直して頂き参考にしてもらえばと思っております。



安産祈願

子宝に恵まれた事を感謝し、発育を願うお祝いです。
妊娠5ヶ月目の戌(いぬ)の日に白布(岩田帯)を下腹部に巻きます。
昔から、犬は安産という事にあやかり戌の日に行ないます。

命  名

赤ちゃんが生まれて7日目(お七夜)に名前をつけるのが習わしです。
名前が決まれば、名前を記した紙を神棚や床の間に貼っておきます。

初 宮 詣

赤ちゃんが誕生後、宮城県では男児は32日目、女児は33日目にお参りするのが通例ですが、天候のよい暖かい日に参拝するのが良いでしょう。
又、通常は母方から贈られた祝着をつけた夫の母が抱いて参拝しますが、最近では習慣にこだわらない人も増えています。

七五三詣

三歳は「髪置(かみおき)」と呼び男女ともお祝いします。五歳は男子の「袴着(はかまぎ)」七歳は女子の「帯解(おびとき)」のお祝いです。全国的に11月15日前後にお参りしますが東北地方では、10月〜11月にお参りします。
※年令は数え年(誕生した時を1才とし、正月を迎えるごとに1才を加算します)です。



入学・卒業・就職の奉告
  
神様に守られ実力を出せるように受験シーズンになると神社には多くの受験生がお参りします。入学・卒業・就職の際にも氏神さまに参拝し、勉学の上達、仕事の成功、健康維持をお祈りしましょう。

成人式

20歳になった男女が大人として社会的に認められ祝福をうける日が1月の成人の日。公共団体主催の成人式の他、神社にも新成人が多く参拝します。

神前結婚式

「むすびのかみ」により結ばれた2人が平和な家庭を築き子孫の繁栄を神前において誓い合います。

厄除祈願

古くむかしから、人は豊富な経験に基づいて特に気をつけなければいけない年回りを「厄年(やくどし)」と呼び、お祓いを受けてきました。
男性は数え年で 25・42・61
女性は数え年で 19・33・37・61歳が「大厄」で、
この前後の年令も「前厄」・「後厄」と呼ばれ注意が必要です。

年祝い

年令を重ね一定の年令になると人生の波路をこえて来たことを祝う「算賀」「年祝い」と呼ばれる習わしがあります。
61歳=還暦  70歳=古希  77歳=喜寿
80歳=傘寿  88歳=米寿  90歳=卒寿  99歳=白寿
それぞれのお祝いの年には無事に人生を送れたことへの感謝と喜びを神さまに奉告します。