仙台東照宮
HOMEへ

豆知識のコーナー
「豆知識コーナー」トップページへ戻る↑
神棚とお神札のまつり方


神棚のまつり方

神棚は清らかで明るく静かな高い所に、南あるいは東向にお祀りするのがもっとも良く、また、家族の人が親しみやすくお供え物をしたり、拝むのに都合の良い場所を選びます。
お札のまつり方

神棚には中央に伊勢の神宮大麻、むかって右に氏神様のお札、むかって左にその他の信仰する神社のお札を納めます。宮形が小さい場合には、神宮大麻を一番手前に、次に氏神様のお札、次にその他の神社のお札と重ねてお祀りします。

<重ねてまつる場合> <横に並べてまつる場合>


お供えものの供え方

神様に毎日お供えするものは、お米(御飯)・塩・水の三品で、少しずつ白い小皿に盛り、水は水器に入れて供えます。
お正月や、毎月一日、十五日あるいは家族の記念日などには、いつもよりたくさんの供えものを供えます。供えものは後でお下げして家族揃って頒ち頂きます。


お参りのしかた

二拝二拍子一拝の作法で真心をこめてお祈り致します。


古いお札・お守の取扱方

一年間お祀りした古いお札・お守りは、粗末にならぬようにこの袋に入れて古札納所に納めるか、又は1月14日のどんと祭の時に納めて下さい。
 ・お札・お守りはこの袋から出してお祀りして下さい。
 ・朝夕身を整えて神棚に参拝し、清々しい気持ちで一日の努めに励みましょう。